artists

フィオナ・リー | Fiona Lee



香港生まれ。2011年香港城市大学クリエイティブ•メディア学院卒業(クリティカル•インターメディア実験室専攻)。過去の作品は主にインスタレーションとパフォーマンスアート。現在は日常生活の中で感じたことを主に作品作りを行っている。聴くということを世界と自分とを結びつけるひとつの重要なチャンネルとして、一瞬の流れを感じることを目指している。近年、彼女の作品は香港を始め、海外の芸術祭や展示会にも出展されている。2017第1回両国シネマ天丼(東京)、ifva Carnival 2016 (香港) 、Around Sound Art Festival 2014 (京都)、Transi(en)t Manila Project Glocal 2014 (フィリピンマニラ)、The 12th Seoul International Newmedia Festivalに参加。他にもAsian Meeting Festival 2016に参加し、東京、神戸、京都などでアーティストやミュージシャン達と即興パフォーマンスを披露してきた。サウンドパフォーマンス作品『delight』は、台湾、韓国、マカオ、香港でも上演された。また、自身のアルバム"walking in a daze" (2016)に彼女のサウンド作品も収録している。現在香港での最も先鋭的、才能あふれるサウンド・アーティストの一人である。

参加プログラム:
・オープニングパフォーマンス 「その日のダイヤグラム-丹後~豊岡 パフォーマンス列車の旅」
・展覧会 listening, seeing, being there

HP : http://fionaobscura.com/wordpress/

works

back next